単身世帯のテレビ普及率は約90%だそうです。
一人暮らししている会社員などは、
テレビを保有してもほとんど見る機会がありませんので、
取有するだけムダなのかもしれませんね。
なお、NHK受信料の回収率は72.5%とも言われています。
逆算すると、2割の方は未払いということになります。
そのうち、NHKに強制捜査権が配布されるかもしれませんね。

少なくとも、テレビCMでの広告はかなり有用と言えそうです。
株式会社DSCでも広告の一手段にテレビCMを紹介しています。
一般的に、テレビCMの放送料金は
「1秒×視聴率(%)×1万円」になりそうです。
1枠最低15秒ですので、仮に視聴率10%でしたら、150万円になります。
お茶の間のCMにたった1回流すだけで
150万円もの大金が掛かってしまうのが、テレビCMになります。
なお、CMの制作費も考えたら、さらに料金は増すかもしれません。
それゆえ、株式会社DSCにテレビCMを提案する際も、
それに見合った費用対効果が望める時にやるべきだと言えます。

広告において最も重要なのは、いつ・どの放送局で流すかが肝です。
例えば、笑点は高齢層に対し高い視聴率を得ていることで有名です。
NHKでCMはありませんが、日曜朝の10時〜14時ぐらいの視聴率は高そうです。
また、平日の昼間にテレビを見るのは基本主婦層です。
このようにライフサイクルにより、時間ごとに視聴する年齢層・性別などは
かなり異なるのがテレビというものなのです。
そのタイミングを見極めるのが株式会社DSCの仕事です。
ピンポイントに必要な層にしっかりとしたCMを流せるように、
株式会社DSCが放送する時間帯と放送局を探すのです。